Kijii the Three Legs 3本足のキジー

There must be a language that doesn't depend on words.

自分の命は本当は軽いものだと悟ったとき、私たちは生きることの重荷から解放されるだろう(セルゲイ・クリコフさん談)

2016/04/28 05:17 [Thu]


« これはなんにゃ! (キジー、生まれて初めてキャットニップに出会う)  | HOME |  あ~ん »

この記事へのコメント

日本では、人間の命は地球より重いなどと、言うこともありますが、

共産圏のロシアでは、まだ、軽いのですか?

ああ、存在の耐えられない軽さ❗

micia様

ロシアでは軽いですね v-504

いまも軽いです v-311

でも空気は重いです v-31

ウォッカが欠かせません v-272

自分の命は軽く思っているのに重荷は軽くなら無いのは?
なぜか動物の命は重く感じるのは??
ウォッカ騙されて飲みすぎたことが・・・・
どうして家に帰ったのかわからなかったな><
生まれて初めて酒の飲まれてしまったけ^^

茶チャママ様

ネコの命は! v-351

私の命よりはるかに重いであります! v-352

生きていると、つらく哀しいことも多いですよね・・・。

なんつて。

いまわのきわにジタバタしそな私です( ̄  ̄ )

yumeyunta 様

ああ、みるくさまが・・・ v-16

おやけあかはちまで・・・ v-476

ニライカナイへの船が出航します・・・ v-108

私は命の重みを
子供のころにおしえられましたが
国によって違うんですかね~。

重荷を背負っているから、地に足をつけて生きられるのですよ!
フワフワ浮いていたら、歩きにくくてしかないじゃないですか(;'∀')
このワンコがアドバルーンみたいになっていたら…"(-""-)"

あんずミャミャ様

国や時代でちがってくるのかもしれません v-41

私の命はネコよりは軽いであります v-14

きらちろママ 様

たしかに! v-219

でもときどきは、ちょっと荷物を下ろして v-472

肩をほぐしましょう! v-339

私は親父が重荷なので

早く解放されたいです。

そうすれば、長生きできるかもしれません。

ちょっと違いますーーー??

oharumama 様

にゃーごの意見も e-465

聞いてみなくてはなりませんね! e-266

にゃんこさんの命が本当は軽いものだと悟ったとき、私たちはにゃんこさんをもっともっと愛して大切にして、にゃんこさんは人間の愛の重荷の上のちょこんと乗って、ぬくぬくもふもふに生きます。

ぷうまま様

ネコ様万歳! v-339

ぎゅうううううううううっと! v-351

抱きしめましょう! v-472
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

 

この記事のトラックバックURL

http://takapalau.blog.fc2.com/tb.php/1480-37150bc5

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

Author


ゲンタくんのパパ


→Homepage(高橋敬一)

3本足のキジー

No.1 Kijii

Kijii the Three Legs: Street cat found injured in front of our house. His left rear leg was rotten and was cut off by veterinarian. Survivor of cat aids and cat leukemia. Age unknown.
家の前で行き倒れになっていた野良(♂)。腐りかけていた左後ろ足を病院で切除。猫エイズ、猫白血病のキャリア。年齢不詳。2017年6月、猫星へ旅立つ。

太平洋のミューン

ミューンー1
Meyun the Pacific Ocean: A tiny kitten that was crying on a Palau Islands beach, soon to be a food of crabs. Born in 2002.
パラオの海辺でぼろぼろになって泣きわめいていた女の子。もう少しでカニの餌になるところだった。2002年生まれ。2017年、14歳と10ヶ月で逝く。

ソクラテスのゲンタくん

ゲンタ君の顔

Genta- kun the Brown Socrates: This autistic dog was left at our house at the age of two. He passed away at the age of seventeen.
自閉症のため2歳のときに我が家に置き去りにされる。人間との交流をまったく欠いたまま強度の認知症に突入。2012年、17歳と10ヶ月で逝く。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスカウンター